月極駐車場のデメリットに関して

月極駐車場のマイナス面について説明します

月極駐車場の経営においての留意すべき点

手に入れられる賃料は少ないというデメリット

色々なプラスの点がある月極駐車場ですが、当然デメリットもあります。デメリットを知らずしてメリットのみに目を向けると、経営を開始した後にこまることになります。月極駐車場経営で手に入れられる賃料は、マンション経営もしくはコインパーキングよりも多くないです。 賃料はエリアにも影響されますが、駅近辺のような一等地では数万円、人間があまり多くない地方では5000円程度が物差しとなります。同じような面積の土地であれば、マンションのほうが手に入れられる賃料は高くなり易いといえるでしょう。ですから、得られる賃料と将来的な計画とを総合的に考察して検討することが非常に重要になります。

固定資産税に関する節税効果がないデメリット

土地上にマンションといった賃貸物件を建てたケースでは、土地そのものが住宅用地という取り扱いの状態になります。住宅用地という形で公認された土地につきましては、固定資産税評価額自体が最大値で6分の1に減ることから、1年サイクルで払わなければならない固定資産税を非常に大きく減少させることが不可能ではありません。 それに対して、駐車場にしている土地に関しては、住宅用地とは容認できないことから、固定資産税はそのままの状態ということになります。ひとつの例として現在においてアパートやマンションを営んでいて、その土地を駐車場にするケースになると、その年より固定資産税が上昇することから気を付ける必要があります。

立地条件に影響を受けやすいデメリット

月極駐車場に関しては原則として住宅地の状態で成立しやすい土地活用法といえます。別の角度から見れば、住宅地の他は成功しづらいともいえるでしょう。商業地においては月極駐車場と比べてコインパーキングの方がニーズがあることが多いことから、そういったものを運営管理することをお勧めします。 それに加えて、月極駐車場経営の出来不出来は住宅地か商業地かというようなアバウトなくくりだけではなく、ひとつひとつの立地条件にもとても大きく影響されます。とりわけ影響を及ぼすのが自動車の入りやすさといえます。住宅地の駐車場があまりないエリアに月極駐車場を作ったとしても、自動車が入りづらい狭い路地にしか面してないと、それのみで回避される要因となります。 それに加えて、交通量が少なす過ぎる土地においては元を正せば月極駐車場が存在することに気がついてもらえないことがあり得ます。それに対して交通量が多過ぎても入りづらいのが難しいところです。立地の良いか悪いかは初心者がジャッジするのは難しいことから、駐車場の管理会社の評価も考慮するといいでしょう。

人気記事ランキング